不眠症を解消する熟睡できる環境

不眠症を解消する対策として、寝やすい環境づくりも大切な改善対策です。
不眠症対策では、特に寝室の環境づくりと寝具の選択は大切なことです。

よく眠れる寝室の条件は、基本的に
・音が無い
・光が無い
・湿度、室温が最適

この三つの要素が満たされることで、快眠ができるとされています。

不眠症の心配がある方の精神的な状況によっては、時計や静かな音楽の規則的な音・蛍光灯のスモールランプなどの使用で安眠を誘う場合もあります。

快眠できる環境づくり
寝やすい環境をつくるには、雨戸を閉めたり遮光性の高いカーテンを使用することで音や光を少しでも多く遮断します。
不眠の原因となる余計な音や光をおさえて、睡眠の妨げにならないように工夫をしてみましょう。

快眠に欠かせない部屋の温度設定も、タイマーや安眠モードの使用でエアコンなどを上手に使用すれば不眠対策が可能です。

不眠解消の室温の目安は?
夏で25〜26度、湿度は60%くらいが目安です。
冬は室温15〜18度くらいを目安にします。
あくまで一般的な目安ですので、あなたが寝やすい温度で設定しましょう。
朝方の気温が下がる時間帯を意識して、タイマーを使うことをお勧めします。

不眠を解消する寝具については、特に枕選びに気を使います。
寝返りがしにくい枕は睡眠を妨げる原因となります。
実際に枕を使用してみて、身体から力を抜いた状態で左右どちらにも簡単に寝返りができる枕が理想です。

ベッドを使用している場合は、少し大きめのサイズを使用するのが理想です。寝返りをうっただけで落ちそうななったり、壁などに身体が当たるようでは深い眠りから覚めてしまい、熟睡できない原因となります。

掛け布団やシーツなどは、季節に合ったものを使用しましょう。
熟睡できる温度を保てる素材や厚さを選び、睡眠中に暑すぎたり寒くなったりしないものを選びましょう。
不眠症対策 快眠・熟睡グッズ
 
 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。