不眠症対策の食品と食事

不眠に効果がある食材は、玉葱(たまねぎ)、レタス、セロリ、パセリなどの野菜食品があげられます。これらの野菜には睡眠を誘う成分が含まれていることで安眠できるという効果が期待できるものです。

不眠に効果がある食材
不眠対策に効果を発揮する食材と食事の特徴は、ビタミンB1、鎮静作用、血行促進作用、カルシウムなどが含まれていることです。
豚肉、乳製品、川魚、ひじきなどの食材と組み合わせて下記の野菜を摂取することが、不眠対策として効果がある食事となります。

たまねぎで不眠対策
たまねぎを切ったときに出る硫化アリルのにおいには、精神・神経を落ち着かせイライラを抑える鎮静効果があり、不眠症対策に向いている野菜です。
硫化アリルは、たまねぎに豊富に含まれているビタミンB1、ビタミンB12の吸収を促す働きがあり、自律神経のはたらきを整える効果があるといわれています。
また、たまねぎは血液の循環を良くする効果もあります。血液の循環が良くなり冷え性対策にもなることで、不眠対策として役に立つ食品です。
ネギ、ワケギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどにも硫化アリルが含まれていますので、不眠の症状を抱えている方には効果が期待できるおすすめの食材です。

たまねぎのスライスやみじん切りなどを、寝室の枕元に置いておくと熟睡できるということは、TV放送などでも効果が実証されている方法です。

レタスで不眠対策
レタスに含まれるラクチュコピクリン(ラクッコピコリン)という成分には鎮静作用があり、これが不眠の方にとって熟睡できる効果が期待できるものとなります。
小さいレタスなら半分、大きなレタスなら1/4程度の量を食べると不眠対策として効果があります。スープ・おひたしにすることで多くの量が摂りやすくなります。

セロリ、パセリで不眠対策
セロリとパセリにはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
不眠対策に効果があるアピイン、パセリのアピオールという成分は、強い香りを発し、これが精神を安定させリラックスできるこから、熟睡できる成分として知られています。

不眠症対策の睡眠改善薬とサプリメント
 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。