不眠症の原因

不眠症の原因となるものには様々ありますが、不眠状態が続いて慢性化すると、一般的に不眠症といわれ、イライラする、いつも寝不足感がついてまわるなど、あなたの生活面(仕事やプライベート)においても支障をきたします。

あなたは、
・寝つきが悪くありませんか?
・無理に長時間、寝ようとしていませんか?
・夜中に何度も目が覚めませんか?


これらの症状は、不眠症になる可能性を含んでいるものです。
あなたにとって、不眠の原因となっているものがないかチェックしてみましょう。

不眠の原因となるもの
・ストレス
・不規則な生活
・運動量の不足
・アルコールの摂りすぎ
・なにかしら不安なことがある
・寝るときの部屋の環境が快眠に適していない
・枕が体に合っていない
・昼寝のしすぎ
・高年齢、体調不良
・うつ病、喘息、リウマチ、アトピーなどの持病

特に、精神的なものでは「精神生理性不眠症」といわれる症状があります。
これは何かしら気になることがあるときに、そのことを気にしすぎて眠れなくなることで、更にその眠れないことを気にして眠れなくなる、という悪循環を繰り返す不眠の症状です。

一般に、神経質で几帳面な人は不眠になりやすいため、その眠れないことを気にすると「また、今日も眠れないのでは?」と心配になってしまいます。
無理をして寝ようとすればするほど、脳が活性化してしまい、余計に眠れなくなってしまうのです。

 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。