不眠症に効果がある適度な運動

不眠の症状解消の対策には、適度な運動が効果的です。

私たちの身体は、元来、明るくなったら起きて活動し、夜は眠るようになっています。これはホルモン分泌のリズムや体温の変化から証明されています。

活動すべき昼の時間帯に何もしないでゴロゴロしていると、身体は正常なリズムを取れなくなって不眠につながります。

不眠症対策の適度な運動とは
あなたにとって、心地よい運動であることが前提となります。

眠るためには運動が必用だとか、身体を疲れさせないと寝れないなどと考えて、義務感を感じて不眠対策の運動をすることは、かえってストレスの原因となります。

ストレスを感じて、それが不眠の原因になってしまうと悪循環です。

不眠対策のために
・ランニングをしなければ
・ジムに通わなければ
・トレーニンをしなければ

などの、義務感を感じる運動は不眠対策としては逆効果です。
(あなたが、好きで行っていれば問題ありません)

不眠対策でストレスを感じない運動とは
・外出すること
・生活の行動に運動を盛り込むこと
・好きな運動をすること

これらの行為は、自然にできる運動です。
普段、出歩くことが少ない人は外出時間を延ばすだけでも運動になります。

エレベーターやエスカレーターを使っているところを階段使用に切り替える。普段、階段を使っている方は、1段ずつ上っていたのを2段にする。いつもより早足で歩くようにするなどで、身体に無理のない疲れを持たすことで、快眠できる体調に近づけることができます。

お部屋の掃除も、いつもより念入りにすることで、普段と違う動きができるため適度な疲労を持ち快眠につながります。
寝室の大掃除をすれば、室内が綺麗になることで気分も良くなり、更に気持ちよく眠りにつけます。

気分転換や遊び感覚でできる運動は、不眠症の対策として適しています。

あなたが苦痛に感じないのであれば、ストレッチやダイエットなどの軽い運動を参考にして実行してもいいでしょう。
 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。