睡眠薬での不眠症治療

不眠症治療に使われる睡眠薬の入手には、医師の処方が必用です。
不眠で悩む方でも、なるべく薬を服用しないことが望ましいといえます。

不眠症治療に使われている睡眠薬には様々な種類があり、不眠の症状によって使い分けされています。

最近の不眠治療に使われる睡眠薬はベンゾジアゼピン系のものです。
昔の薬は、癖になる、大きな副作用がある、死に至るなどの弊害が大きなものでしたが、現在使用されている薬は、医師の処方を守れば大きな副作用は少なくなりました。しかし、乱用すれば依存症になる可能性はあります。

睡眠薬の副作用
・朝の目覚めが悪く不快
・身体に力が入らない
・朝早く目が覚めてしまう
・記憶がなくなる
・薬が切れると不安になる

睡眠薬にはこれらの副作用があり、また不眠治療を終えて睡眠薬の服用をやめたときに起こる副作用もあります。

不眠治療で、薬を使用するときは、医師から十分な説明を受けて、リスクを承知した上で服用すべきです。

睡眠薬の使用時は、他の薬との併用、アルコールの摂取などは禁物です。
薬を飲んだあとは、そのまま寝ることが前提となります。

できれば避けたい睡眠薬ですが、医師との相談で睡眠導入剤が必用と判断できたら、処方を守って服用しましょう。

睡眠薬に頼る前に、サプリメントなどで不眠を解消する方法もあります。
睡眠改善薬とサプリメント
 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。