マイクロスリープで不眠対策

マイクロスリープとは
マイクロスリープは、昼食後の授業や会議などで
いつの間にか瞬間的に眠ってしまうなどの現象をいいます。

本人が自覚していない時に起こる、数秒から数十秒程の短い眠りを
マイクロスリープ(微小睡眠)といいます。

本人は起きているつもりでも数秒から数十秒程の睡眠状態に陥ります。車の運転中や連続した単純作業などを行っているときに起こり安いといわれています。

マイクロスリープは、過眠症の症状の1つとして現れることがありますが
健康な人でも睡眠不足(不眠)が重なると、この現象がおこります。

睡眠不足(不眠)が重なると、脳は部分的に休憩状態に入ります。更に不眠状態が続くと、脳全体を短時間だけ休ませる状態が発生します。この脳全体が休む現象がマイクロスリープです。

起きていたはずなのに、一瞬、意識が飛んだ状態になります。

不眠症対策でマイクロスリープを利用
マイクロスリープ現象は、不眠状態が続き脳に異常をきたす前の防衛反応ともいえます。マイクロスリープがおこる前に、意識的に眠ることができれば、不眠で睡眠不足が続いている時でも寝不足を補い、回復状態に戻すことが出来ます。

リラックスできる場所や電車での移動中に、椅子に腰掛けたまま
ゆっくり深い呼吸(鼻から吸って口から吐く腹式呼吸)をします。

雑念を消して、一瞬でも記憶が飛んだような状態があれば
マイクロスリープができた可能性があります。

軽く身体を動かして、血行がよくなった状態で
スッキリした感じがあるようでしたら成功といえますので
不眠解消に役立てることが出来ます。
 

   不眠症対策と症状の改善TOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。