以下は、不眠症になる可能性を含んでいる症状です。
あなたは

  • 寝つきが悪くありませんか?
  • 無理に長時間、寝ようとしていませんか?
  • 夜中に何度も目が覚めませんか?

不眠の原因を知って、無理のない治療方法、改善、解消、解決方法を知ることで、不眠症対策は可能です。

私たちの人生の1/3〜1/4は眠って過ごします。眠れない原因は個々の眠りの個性や生活スタイル、心配事やストレス不眠の病気など様々です。不眠で悩んでいる人の中には、実はよく眠っているという方がたくさんいます。

不眠症の悩みから開放されるには、眠りを客観的にとらえて自分を再認識し、不必要なこだわりから解き放たれることも必用です。

当サイト内の情報が、あなたのお役にたてれば幸いです。

一時的な不眠の原因と対策

一過性の不眠の症状には、寝不足などによるものがあります。
生活のリズムを調整したり、適度な睡眠をとることで改善・解消できるものです。
不眠状態が一時的で継続しないことで、不眠症とは言えない段階です。

一過性の不眠原因となるもの
・騒音
・緊張やストレス
・カフェインの摂りすぎ
・アルコールの摂りすぎ
・昼寝のしすぎ
・かゆみや痛み
・室温の高すぎや低すぎ
・寝る直前の高温の入浴
・寝る直前のパソコン作業やTVの見すぎ・・・など

これらが原因での一時的な不眠は、誰でも経験していることです。
特に、身体に大きな影響を及ぼすものではありませんので、あまり深刻に考えないことが不眠解決には大切です。

寝不足状態があれば、通常そのあとの睡眠は自然と深いものとなって、寝不足が解消されます。

一過性の寝不足を解消するには
・眠れない原因が上記の内容に当てはまるなら、それを改善解消する。
・眠れないことに対してイライラせずに、「当たり前」と考える。

眠れないことを気にして、更に寝られなくなる精神生理性不眠症に至らないように、寝られないことは誰にでもある自然なことと理解しましょう。

一時的な不眠を解消するには、サプリメントや睡眠改善薬を上手に使う方法もありますが、これも効果が期待できるものです。
睡眠改善薬とサプリメント

 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。